トップ:お知らせ

社会問題研究会

北多摩(東京20区)読者会(週刊金曜日)

「東京20区(清瀬市・東久留米市・東村山市・東大和市・武蔵村山市)」と
「周辺地域」に在住・在勤のみなさんの参加を歓迎します。
 (1)広告に頼らず、権力に迎合しない「国民のメディア」としての週刊金曜日を支え拡充を目指します。
 (2)記事を「意味・真実・多様性・国際性・方向性」の観点からチェックし編集部に伝え反映させます。
 (3)週刊金曜日と読者会論議から学び、読者(会)自身が基本的人権と民主主義と平和を創造します。

 

お知らせ

 

<次回(6月27日(土曜)の第17回読者会のご案内です>

北多摩(東京20区)読者会 

 【注意】 市当局から参加者にマスク着用要請あり

1.日時:6月27日(土)18時00分~20時30分

2.場所:コミュニティホール東本町洋室(東本町7・6「源の湯」2階) 

  →地図参照

3.参加費300円 (会費免除制度あり)

【 参加の場合は事前にご連絡ください 】

【 発熱、咳、くしゃみなど症状のある方はご遠慮下さい 】

4.課題:

(1)コロナ緊急事態宣言を経た「都知事選挙(7月5日投票)」をどう見るのか、どう臨むのか。
(2)コロナで衆院選の構図はどうなるか、野党(選挙)共闘と(連合)政権構想は、山本太郎は?
(3)5月29日(1282)号~6月19日(1285)号の誌面批評と課題抽出

5.懇親会

 読者会後に任意で「懇親会」あり <読者会・飲み会とも会費免除制度あり>
6.先回の報告:

 開催の賛否を踏まえつつ、コロナファシズムに抗して4・5月連続開催、5月は7名(回復中)。
 ・緊急事態宣言、行動制限、自粛(閉鎖)への賛否で激論
 ・失業や収入減など「被害者」と「被害の(少)ない人」との意識に溝ありとの指摘

<4月30日(木曜)の読者会の報告です>

第15回北多摩読者会を、新型コロナ緊急事態宣言下の4月30日(木曜)に開催しました。
従来、10名前後の参加者でしたが、今回の参加者は5名となりました。
開催に際しては、公的施設の使用不能、開催による感染不安、自粛警察による攻撃不安などなど様々な意見があり、読者会内でメール等により論議を行いました。
そのうえで、生活と営業、経済と社会を破壊しつつある「新型コロナ体制と政策」を、今、論じなければ「読者会」の存在価値が問われるとの認識のもと開催を決定しました。
全国の「週刊金曜日読者」および「読者会」、そして「週刊金曜日編集部」に、「北多摩読者会」で論議した次のアピールを提示して、「新型コロナ問題」についての論議を呼びかけることにしました。

●北多摩読者会「コロナ独裁打破北多摩読者会アピール」

 >>詳細はリンク先へ
●北多摩読者会参加者数:

1回3名、2回4名、3回5名、4回8名、5回4名、6回4名、7回11名、8回13名、9回(台風で中止)、10回12名、11回8名、12回10名、13回1周年17名、14回(新型コロナで中止)15回5名、16回7名

●北多摩読者会1周年・第13回講演討論会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第13回講演討論会のレポートはこちら

 

「週刊金曜日・北多摩(東京20区)読者会の論議と活動は」 → http://www.demorg.net/

●問合せ(070-1591-5072・takeichi1977@au.com・武市徹)

 

<週刊金曜日の購読をお奨めします>
 1.定期購読(1年48冊24,343円送料込)は、こちらから申し込みください。
 2.「週刊金曜日」は、「北多磨(東京20区)」の次の書店でもお求めいただけます。

●野崎書林プラスゲオ 東久留米駅前店 (年中無休で10時~23時)
 〒203-0053 東久留米市 本町 1-3-1 電話:042-479-0201 野崎書林周辺案内地図

●ブックセンター滝山 (定休日は元旦のみで10時~21時)
 〒203-0033 東久留米市 滝山 5-12-3 電話:042-473-4343 金曜日販売書店(ブックセンター滝山)地図

●リブロ花小金井店(年中無休で9時~23時)
 〒187-0002 小平市 花小金井 1-8-3 電話:042-450-4600 金曜日販売書店(リブロ花小金井店)地図

 

【みなさんへのお願い】
 「東京20区(清瀬市・東久留米市・東村山市・東大和市・武蔵村山市)」で「週刊金曜日」を扱っている書店がありましたら、

 「店名」「営業日時」「所在地」「電話番号」などをお知らせください。